太陽光発電を導入する際の問題点

太陽光発電地震の時は大丈夫?

太陽光発電地震の時は大丈夫なのか?

 

豊橋は、東海東南海地震の心配があります。
昔から言われているけど、いまだにあまり自信は意外と少ないですが
いつ来るかがわからないのが自信であり自然災害です。

 

特にこの豊橋のような地域は意識する必要があります。

 

 

一般的には震度6まで地震の場合なら大丈夫と言われています。
もちろん、家が崩れないこと、正しい設置をしていることが条件になります。

 

構造上、屋根の補強になることはあってもパネルの重量で家が倒れたり、パネルがずれ落ちたりということは考えられませんのでご安心ください。
ただし、強い地震により家そのものが破壊されたり、津波による被害については当然ながら防ぐことができません。

 

 

しかし、地震の時は、

逆に太陽光発電で助かったという話も多くあります。

一般の電気は停電の状態でも、太陽光なら、太陽さえ出ていれば発電してくれます。

 

新潟中越地震のときなどは、太陽光発電の設備はほとんど被害がなかったので、
設置していた家庭では、停電時も、電気が使えて、ケータイなどの充電を近所の人にお願いされたりもしたそうです。

 

■しかも、災害などの停電時に使える非常用コンセントがある

太陽光発電システムを設置したときに非常用コンセントというものを設置してくれる(メーカーによっては変わるようです)。
このコンセントを停電のときに使用する。
最大1500wまで使えるメリットは大きいです。

 

このように、地震の時でも、太陽光発電は活躍するようです。

 

しかし、それも正しく設置されていることが条件になります。
この場合も、やはり設置する際に、しっかりと正しく設置されるかが重要になります。
だから正しい業者選びというのはもっとも重要になります。

 

 

太陽光発電を導入する際の問題点

豊橋に住む私たちの生活にも欠かせないエネルギーとして電力があります。

 

私たちの身の回りには多くの製品がありますが、その中でも電力を必要とする家電製品は
多くの家庭に数多くあるはずです。
当然のことながら家電製品を使用すればするほど電力を消費することになりますし、
それに比例して電気代は高くなっていきます。
また、東北の震災後に原子力発電所が停止したのを受けて電力の供給が不安定になり、
一時期は計画停電が行われたことは記憶に新しいところです。
※特にこの地方の場合は昔から東海地震が心配されているので他人事ではありません。

 

 

そのため、近年では豊橋の一般家庭において太陽光発電を導入することを
検討、あるいはすでに導入をしている家庭も増えています。

 

太陽光発電を家庭に導入をすることのメリット

一般の家庭にとって月々の電気代を安く抑えられるのは
とても大きな魅力です。
また、自然災害時などに電力の供給がストップした場合であっても、導入していれば
非常用電源として電気を使用できる点もメリットです。

 

いざというときに電気が使えるというのはとても心強いものです。

 

ただし、

太陽光発電を導入するにあたっては問題点もあります。

それは同じ発電用のユニットを使用したとしても
施工方法によって発電効率に大きな差が生じてしまうということです。
つまり、世間的に評判のいいメーカーの発電ユニットを導入したからといって、
どこの家庭でも同じだけの発電量が得られるとは限らないのです。

 

そのため、家庭に導入をする前には
発電ユニットだけではなく施工業者に関しても事前に情報を集めておく必要があるのです。

 

 

たとえば、豊橋の周辺で太陽光発電を家庭に導入しようと検討中の場合には
あらかじめ地域で評判のいい施工業者をピックアップしておくほうがいいのです。

 

現在ではその数は少なくなってはいますが、一部には
悪質な業者も存在しているからです。

 

仮にそのような業者に施工を依頼してしまった場合、
施工工事の手抜きや相場とはかけ離れた料金を請求されてしまう恐れがあります。

 

そのため、実際に施工を依頼する前には
その業者についての口コミなどを参考に信頼ができ、腕のいい業者であるか
情報を集めておくようにしましょう。

 

また、施工を依頼する前にはひとつの業者だけではなく、
必ず複数の業者に見積もりを出してもらったり、アドバイスをもらうなどをして
その中から信頼できると思われる業者を選ぶようにしましょう。

 

そうすることで後々後悔をするようなことがなく、納得のいく結果を得られることでしょう。

よく読まれているページ

page top