農業盛んな「豊橋・田原」での用地活用のススメ

【王国と呼ぶに相応しい農業盛んな地域「豊橋」「田原」】

農業。それは人が遥か昔から生活と商業の為に営んできた伝統ある習慣の一つです。

 

昨今では、「これからこそ本格的な農業の時代」と言われているほどに、
農業をする為に日本に移住する外国人や、都会から田舎に移住する国民の数が増えています。
また、政府の支援も手厚く、関連のベンチャー企業の誕生も後を断ちません。

 

そんな注目の農業ですが、ご存知の方も多いかもしれませんが
実は豊橋は「農業王国」と呼ばれるほどに、全国の中でも有数の活発エリアなのです。

 

ちなみに、どれほどにかという基準は、「農業算出額」という数値で表されます。
豊橋は、この農業算出額が全国10位という輝かしい実績も出しているほどなのです。

 

そして田原市はなんと全国1位の市町村別農業産出額も記録しています。

 

 

 

昔の人々は、農業をそれぞれの手によって行っていましたが、現代では工業の技術が加わり、
クオリティの高い作物と効率的な農作業を実現しています。

 

その結果として、豊橋からは自慢の農産物である
トマトやキャベツ、次郎柿、花に至るまで多くの作物が全国へ向けて輸送されているのです。

 

また、豊橋の安全で豊かな水である「豊川用水」の存在も無視できません。

 

全ての源である豊川用水という水が、住む人々の生活を支え、高品質な農作物を生み出しているというわけです。

 

加えて豊橋は畜産も盛んで、様々な種類の生命にとって重要な水、まさにこの(豊川用水)良さが認識できる要素といえます。

 

農業、畜産、そしてこれらを支える工業技術。
豊橋の経済ポテンシャルを証明するには十分なエビデンスですね。

 

しかしながら最近では、高齢化に伴いその農地が使われないことも残念ながら多いのが現状です。

 

では、使われない農地の活用方法としてはなにがあるのしょうか?

 

その一つに、⇒豊橋や田原市で農地を効果的に太陽光発電|余っている土地を活用があります。

★ぜひコチラの解説ページを参考にしてみてください★

解説だけではなく実際に、田原市の男性が体験した話も紹介しています。

 

page top