豊橋の気候と太陽光発電の関係はあるのか?

豊橋の気候と太陽光発電の関係はあるのか?

豊橋・豊川で太陽光発電業者を比較して選ぶ

太陽光発電は、太陽が発するエネルギーをダイレクトに電力に変える事ができるので、
家庭で使用する分の電力を電力会社に頼る事無く豊橋にある自宅だけで賄えます。

 

参考ページ:
豊橋の太陽光発電業者の比較とオススメを知るには?

●豊橋で太陽光発電を設置する際にはコチラのページを必ず見た方がいいでしょう。

 

あなたにとって最適な情報を得ることが出来ます。

 

その結果、太陽光発電選びで失敗しないようになります。

 

 

限りがある化石燃料を一切使用する必要が無いですし、太陽という元来存在し続けているものを活用する事から、
非常に環境に対して優しいのです。

 

あまり知られていない事実なのですが、実は多くの家庭で用いられている電力会社から電力を得るという仕組みは、
自宅に届くまでの間に様々な面でロスが生じています。

 

一方、太陽光発電なら使用する場所で発電が行われる事から、一切のロスがありません。
つまり、生み出されたエネルギーを全く無駄にすること無く使えるというわけです。

 

こうした太陽光発電はもちろん晴れていて気候が良好な日の方が発電量が多くなります。

 

その発電量は凄まじいもので、一般家庭では使い切る事ができないほどです。

 

自転車操業というわけではなく、気候が良い時にある程度蓄電しておけるのですが、満充電してもエネルギーが生み出されている時は電力会社に対して売電することができます。

 

売電というと手間がかかる手続きなどが必要になると思われがちですが、そういった手間は不要なので安心です。

 

豊橋の気候についてもっと詳しく

豊橋の気候には厳しい面が少なく、全体的には穏やかな方向性を持っています。
北部には低山がある一方で、大部分は豊橋平野の地形になっています。

 

南側は海に近いために、温暖な南風の影響を受けやすい状況です。

 

穏やかな気候は太陽光発電を行うためにも適していることは、地形や風の特性を総合的に分析すると、
客観的に分かる事実です。

 

梅雨の時期に雨が多くなることは、太平洋側の地域としては普遍的な現象です。

 

豊橋も太平洋側気候になるため、梅雨の時期には蒸し暑さが顕著になりますが、
太陽光発電に必要な日照は夏が本番になれば十分に得られます。

 

夏から秋にかけては、台風や前線の影響を受けることがあっても、普段は穏やかな気候で人々を和ませてくれます。

 

温暖な気候は米作りにとっても最適ですが、太陽光発電をする場合にも適していることから、遊休農地の対策にもなります。

 

北部にある丘陵地の標高は高くないですから、湿った南風が高山に衝突するような場所でもありません。
梅雨の時期に蒸し暑いことはあっても、四方を山に囲まれた盆地よりは寒暖差は緩やかです。

 

広域に見ると北東側には赤石山脈があり、南側は完全な海になっていることから、
温かい風の影響は低い場所から受けやすい特徴もあります。

 

豊橋の日照時間は太陽光発電に適しているのか?

此処から先は特に専門用語などが出てきます。
これから豊橋で太陽光発電の設置を考えている人で、まだあまり専門的な事が分からない人は見ないほうが良いでしょう。

 

もしも、まだよくわからない状態でこのような専門的な記事を読むと、余計に難しく感じてしまいます。

 

そうなると、この問題についてや太陽光発電についても調べようとはしなくなり、
結果的に、悪い条件で契約してしまうケースも多いのです。
※はっきりいって、知らなくてもいい情報でもあります。

 

 

だから、そうならない為にも、もっと別に知るべきことがあります。
上で紹介した参考ページを見れば、まだ知識がない人でも、何をすべきかが分かると思います。

 

ココから先は、豊橋の日照時間と太陽光についての解説になりますが、
一言で言えば、
豊橋の日照時間もは太陽光発電には適した条件であります。

 

 

その理由をこちらで解説します。

豊橋は、国内でも日照時間が非常に長い地域であり、太陽光発電システムの設置には適した地域だと言えます。

 

 

太陽光には、超長波の電波から超短波で有害なγ線やX線まであり、中間に私達が見る事の出来る
可視光線や赤外線がありますが、
現在主流となっているシリコン製のソーラーパネルは
限られた波長の光でしか発電出来ないので発電効率が低いとされています。

 

その為、長期間にわたり効率良く発電する必要性がある人工衛星には
異なる波長の光に対応出来る物質を多層化した化合物4接合型太陽電池が開発され、
化合物4接合型にレンズを組み合わせた集光型太陽光発電システムの開発がすすめられていますが、
量産システムや高価な材料などの問題で市販ベースになっていないのが現状です。

 

 

太陽光発電システムは、化合物4接合型太陽電池以外にも光エネルギーが作り出す磁場エネルギーによる
発電システムや電気を必要とする機器に直接組み込むガレージ・イノヴェイションなどの新しい技術が発表されています。

 

又、現在では結晶系パネルの限界値とされている29.4%を変えるソーラーパネルが開発されていますが、
薄膜系のソーラーパネルの変換効率が高効率化が進んでいるので、屋根だけでは無く
壁面や窓などにも太陽光発電システムを設置する事が可能になります。

 

 

 


よく読まれているページ

page top