中部電力の太陽光発電の売電価格

中部電力の太陽光発電の売電価格について

地球環境問題への取り組みの一環として
再生可能なエネルギーの利用を広めるため、2012年より
「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき、
太陽光発電、水力発電、風力発電、地熱などを用いて発電された
電気を、中部電力をはじめとした電気事業者が買い取ることを義務付ける制度が始まりました。

 

中部電力とは、豊橋に住む人にとっては当然のように聞いたこともあり、
誰もが知っている電力会社です。
というよりも、他の電力会社を知らない人の方が多いです。

 

愛知県を中心とした電力会社の中部電力では、
再生可能エネルギー活用の拡大、省エネルギーの推進の為に
エコキュートやヒートポンプの利用、スマートハウスなど、
更なる発展の為の研究も進められ、環境問題への意識が高く、低炭素社会への取り組みにも積極的です。

 

一般家庭でも広まりつつある太陽光発電。

新築される住宅の屋根にパネルが設置されていたり、再生可能エネルギー利用で
クリーンな街づくりをコンセプトに街全体を設計、街に建てられる新築住宅全てに
太陽光パネルが設置された状態で建売販売される事もあります。

 

環境問題への意識の高まりとともに個人住宅でも太陽光発電は一般的になりつつあるようです。

 

地方自治体の補助金制度も整備され、余剰電力の電力会社による
買取制度のお陰もあって、太陽光パネル設置などで施工費が
比較的高額にも関わらず、徐々にその設置世帯数は増えつつあります。

 

高額な設置費用ゆえ、余剰電力を売却して利益を出そうとするのには長い時間がかかります。
南面の屋根の面積と形状、パネルの発電効率、周りの住宅の陰になっていれば
発電率は下がってしまします。利益を出す事が重要な場合は、設置場所をよく吟味する必要があるので、
専門業者への相談時にはメリットとデメリットの両方を説明してもらうと良いでしょう。

 

関連ページ

★豊橋と豊川で太陽光発電の正しい選び方

 

 

2017年3月14日に経済産業省資源エネルギー庁により平成29年度再生可能エネルギーの売電価格を正式発表されました。

それによると、住宅用太陽光(10kW未満)では、出力制御対応機器の設置義務なしでは28年度は31円/kWh、29年度は28円/kWhとなっていて3円ほど金額が下がっています。但し、10kW未満の住宅用太陽光発電に限っては平成31年までの2年分の売電価格も決定しています。
買電価格は3円ほど下がってしまいましたが、エネルギー変換率は年々向上しており、初期コストも以前よりはお安くなっています。
国からの補助金制度は廃止されてしまいましたが、地方自治体からの補助金はまだ健在なので、
まだまだ太陽光パネルの設置を考えるには良い時期といえるでしょう。

よく読まれているページ

page top