豊橋や田原市で余っている土地を太陽光発電に活用

豊橋で農地を効果的に太陽光発電に利用する方法

豊橋・豊川で太陽光発電業者を比較して選ぶ

太陽光発電は地球環境に優しい発電方法として広く推奨されており、
個人でも発電設備を設置することで補助金がもらえるほか、
発電した電気を電力会社が高額で全て買い取ってくれる制度が有り
これらを利用することで電力の効率的な利用ができるようになっています。

 

その為現在では非常に普及しており多くの住宅に広がっています。

 

さらに 太陽光発電の全量買い取り制度を利用して効果的に利益をあげるというビジネスも始まっています。

 

これは企業などが一般の人から出資を募り発電パネルを大量に設置し発電を行い、
これによって得た利益を出資者に還元するというものです。

 

この方法を利用することで自宅で太陽光パネルを設置するスペースがなかったり、自分で多額の出資を
行うことを避けたい人にとっても気軽に出資できる物も多く、広く利用され始めています。

 

 

但しこのビジネスを行うためには発電パネルを大量に設置する土地が必要になります。

 

そこで注目されているのが豊橋や田原市でも農地です。

最近では高齢化のために農業を辞めてしまう人が増えており、既に利用されなくなった農地が増えています。

 

この場所に発電パネルを設置することで効果的に発電を行う方法が豊橋(特に田原や渥美)で非常に増えているのです。

●もっとも信用されて豊橋や田原市でも利用されているサービスです●
★無料で地元の太陽光発電の設置業者を比較することが出来ます。
いわゆる、一括見積りが出来る無料サービスです

 

 

 

農地を太陽光発電に利用するにはいくつかの方法が有ります。

一つは土地を発電業者に貸し出す方法です。

この場合基本的には土地の賃貸の料金が農家の収入となるものです。

 

一般的な不動産の賃貸であり、かつ農地は一般的にその賃料が安いため、
安定した収入が得られる代わりにその金額が低くなってしまう傾向があります。

 

一方、多くの発電業者が推奨している方法は、土地を提供する農家も出資者として扱う方法です。

 

土地の賃貸と合わせて他の出資者と同様契約をすることで
発電量に応じた報酬を還元することで
相応の利益が得られる代わりに、発電量が少ない場合のリスクも負ってもらう方法です。

 

太陽光発電は自然環境によりその発電量が変動するため、効果的に発電ができた場合には
より多くの利益を得ることができますが、これができない場合には利益を得られない場合もあります。

 

但し、農地に太陽光パネルを設置する場合には
土地の用途の転用などの問題も発生するため、専門的な知識も必要になります。

 

豊橋では太陽光発電を行う際に必要なサポートを行う企業が存在しており、効果的な土地利用についてアドバイスをしてくれます。

 

また、このアドバイスを利用して農業と発電を両立させている農家も増えています。

 

まずは上で紹介した、専門サイトを活用するといいでしょう。

 

無料で業者の比較が出来るのは当然ですが、他にも農地を太陽光発電に活用するための
様々な情報を得ることが出来ます。

 

上で紹介したサイトは、これから豊橋や田原市(渥美)で農地を太陽光発電に活用しようと検討している人に
まずは見て、利用するべき無料のサービスです。
※一般の人でもわかりやすいように、漫画での解説やわかりやすく説明がされています。

 

 

 

豊橋で使わない土地に太陽光発電パネル設置した体験談

豊橋・豊川で使わない土地太陽光発電

ケース1

曾祖父の頃から豊橋に住んでいますが、昔は農業で生計をたてていました。
父の代からは農業は祖父母だけが行い、父はサラリーマンをしながら農業は休日に手伝うようになりました。
祖父母が亡くなってからは、休日だけで畑を管理することは難しくなったので、農業を行っている人に安く畑を貸すことにしました。

 

しかし畑の借り手も年々少なくなってしまったので、畑として維持することはできなくなってしまいました。

 

 

日当たりの良い場所なので、そのまま放置しているのももったいないと考え、太陽光発電パネル設置をすることにしました。

 

太陽光発電パネル設置をすることで自宅の電気を賄おうと考えたからです。

 

その際には、同じく一括見積のサービスを活用して一番良い条件の業者とパネルに決めました。

 

 

見積もりサービスのサイトでは体験もあるので、
同じ豊橋で設置した人の体験談をきいて、電気が余ったら買い取ってもらえるというのも魅力に感じて設置を決めました。

 

畑がかなり広かったので、沢山のパネル設置をすることができ、自宅で使うよりも沢山の電気を作り出すことができました。

 

おかげで電気を電力会社に販売することができ、太陽光発電パネル設置にかかった費用を取り戻す目途がつきました。

 

家では電気を節約せずに使いたい放題使えるので、冬は室内があたたかく夏は涼しく快適な暮らしをしています。

 

メガソーラーで得をする、太陽光発電は損をしない??

自分が所有している土地が余っている、何もしていない土地の為に
草が無駄に生えるばかりで困っている方はいらっしゃると思います。

 

自分の土地の資産価値を調べるにはコチラのサイトが便利です

⇒全国対応!不動産を無料で調べるサイトのまとめ
簡単に早く無料で調べることが出来ます。

 

そんな余っている土地に最適なのが太陽光発電です。

屋根の上に架台を取り付けその上にソーラーパネルを取り付ける物だけではなく、
土地にコンクリートなどから専用の柱を建て、その上に架台を組みソーラーパネルを取り付ける物もあります。

 

そのパネルを大量に取り付けたものをメガソーラーといい最近は余っている土地に沢山取り付けられています。
費用が莫大掛かるし元が取れないだろうと思っている方、それは違います。

 

多くのパネルを取り付ける土地は自分の所有している土地なので費用は掛かりませんし、
パネルを取り付ける為に使用する材料費などは
取り付け後から毎月大量に発電される電力を売電する事で
かかった費用は、契約時の売電価格にもより年数は変わってきますが、すぐに回収できます。

 

 

回収できた翌月からは全て売電で得る事が出来るお金は収入になり得をします。
絶対に損をしないように計画していましたが、もっと早くに決断しておけば良かったと思うくらいに
得をする太陽光発電は土地の有効利用にもなりますし、収入源にもなります。

 

 

こちらは専門用語で解説されているページです

一般の人や農家の人にはなかなか理解ができないかもしれません。
専門的な知識がある人はこちらもどうぞ。
参考URL:農地転用で、休耕地・放棄地を太陽光発電所に変える


よく読まれているページ

page top