豊川市の太陽光発電の補助金制度の説明

愛知県豊川市では住宅に太陽光パネルを設置する場合でも補助金の交付を行っています。

 

これは地球温暖化対策の一環であり、市民がクリーンエネルギーを利用するにあたり支援するための制度です。
他にも豊川市役所の環境課では、
緑のカーテンコンテストや節電ライトダウン、エコドライブの実施など
地球温暖化対策として様々な取り組みを行っています。

 

良い環境と言うものは、豊川市を始めとして
居住する市民や事業者がそれぞれの役割分担の下で考えて
行動することにより守られ、つくられていくものであると言う理念に基づき、将来を担う子供たちが
安心して暮らせるように取り組みを行うことが大切であるとしています。

 

ただし補助金を受けることが出来るのは個人の申請に限り、自らが居住する住宅に設置する場合のみに限ります。

 

また補助金の交付を受けられるのは、1回だけです。

 

年度初めに順次受け付けていますが、予算が無くなり次第終了となるため
早めの申請が必要になります。

 

システム出力1キロワットあたり1万5千円の補助金が支給され、限度額は6万円となっています。

 

郵送では受け付けていないため、直接豊川市役所に出向き、環境課で申請を行う必要があります。

 

しかし、多くの人は自分でその金額を調べる事が難しいそうです。
どうしても専門用語が出てくるので、数字が苦手だったり、科学的な事だと思って苦手意識が出てしまいます。
特に主婦の人に多いそうです。

 

そんな人はまずは、コチラのページを参考にしてみるといいでしょう。
豊橋(豊川市)の太陽光発電と補助金
※サイト内のページです※
★補助金を簡単に調べる方法を紹介しています。

 

 

以前と比較しても近年は太陽光発電システムの設置料は
だいぶ手が届きやすい価格へと変化をしていますが、
それでもこのような制度があればさらに設置しやすくなると言えます。

 

豊川市役所ではこの取り組みに先駆け
庁舎屋上に太陽光パネルを設置し、発電した電力を市役所で使用しています。

 

太陽発電には地理や気候条件などが影響するため
発電量はその地域で異なりますが、全国的にみても比較的日射量が多い豊川市では
多くの発電量が見込めます。

 

関連サイト:豊川市住宅用太陽光発電システム設置費補助制度
市役所のホームページでも発電量を公開しているため、補助金制度を利用する際には参考にすることが出来ます。

 

 

ちなみに、太陽光発電は、別名ソーラー発電とも言います。
太陽電池により太陽光を電力に直接変換する発電方式であり、
再生可能エネルギーである太陽エネルギーを効果的に利用する方法です。

 

太陽光パネルは地上や屋根・壁など様々な場所に装置を設置することが出来て、
近年は軽量化も図られ、耐性の高いパネルも多数開発されています。

 

住宅や企業に設置すれば電気代を節約することが出来る他、
余った電力は電力会社に売ることも出来るので収入源にもなります。

 

このようなことから近年は、太陽光パネルを設置し自家発電により電力をまかなう住宅も増えています。

よく読まれているページ