豊橋市の日照時間と太陽光発電の発電量

豊橋市の日照時間と太陽光発電の発電量

日照時間は1日の太陽の光がどれだけ長い時間照射が行われるかの指標になるもので、
日本には日照時間が長いエリアと短いエリアがあります。

 

愛知県の豊橋市は名古屋や蒲郡などと同じく
日照時間が長いエリアに含まれており、日照時間が長いだけ太陽光発電にも有利などの考え方もあるわけです。

 

ちなみに、皆さんも知っているとは思いますが簡単にこの地域を説明すると
愛知県豊橋市は県内では南東部に位置する都市で、
東三河地区の中心都市であると同時に、この地域の人口の約半数を占めているなどの特徴があります。

 

人口の推移を見てみると分かりますが、
1970年の人口が約25万9000人に対し、
2016年10月の時点では約37万4000人まで増加している、
しかも人口は年々増加傾向にあるのが特徴です。

 

人が多く住む都市などの理由から、住みやすさを持つ都市とも言えましょう。

 

所で、太陽光発電には発電効率と呼ぶ指標があります。

発電効率は太陽の光エネルギーを100とした時の発電量がいくつになるのかを
数値化したもので、発電効率は100%になるのが理想です。

 

しかし、必ずしも発電効率は100になるものではなく、
発電量は住宅の屋根の傾きや方角、
ソーラーパネルの性能やパワーコンディショナーの能力
などに応じて発電効率は変わるのが特徴です。

 

一般的に、発電効率が100%になる条件は、
屋根の傾斜角度が30度であり、ソーラーパネルが南に向いた形で設置が出来る環境であり、
屋根の傾斜角度が変わる、屋根の向きが南南西や南南東などに変わる事で
発電効率は低下する事になります。

 

また、太陽光発電の設備は1度設置を行えば永遠に同じ電気量を取り出せる、
発電出来る量も同じわけではなく、設備機器の劣化などにより発電量は変わって来ます。

 

そのため、ソーラーパネルのメンテナンスやパワーコンディショナーの保守などを定期的に行う事が大切なのです。

 

さらに、発電量はソーラーパネルをどれだけ設置するのかにより変わります。

日本の住宅の屋根は海外の住宅と違い、複雑な屋根の形状を持つケースが多く、
ソーラーパネルの設置面積が少なくなった場合、発電する事が出来る電気量も変わります。

 

これから住宅の屋根のソーラーパネルを取り付けて
自宅での太陽光発電を行う時には
発電シミュレーションを行い、どれだけの電気を発電出来る環境にあるのかを把握しておく必要があります。

 

愛知県豊橋市などの場合、
1日の日照時間が長くなる分、発電システムを導入するメリットは大きいのですが、シミュレーションを行って
確認しておく事は大切です。

よく読まれているページ

page top