東三河は太陽光発電に適してるのか?

豊橋、豊川、田原は太陽光発電に適してるのか?

豊橋・豊川で太陽光発電業者を比較して選ぶ

 

豊橋を中心とした東三河の気候は全般的に温暖であり、年間を通じて安定した日照時間があるため、太陽光発電を行うためにも適しています。

 

地形は概ねは平坦ですが、北部には石灰岩の地質が特徴の石巻山があります。丘陵地帯が少しだけあっても、ほとんどが平坦な沖積平野になっていることから、盆地よりは寒暖差が緩やかになります。
特に田原市と豊橋市は海に比較的に近いですから、夏には海からの涼しい風の影響を受けることもあります。

 

平坦な土地では稲作や畑作が盛んに行われ、豊川用水のおかげで水の利便性も良くなり、この地域では農業も盛んに行われるようになりました。

 

豊かな土壌と比較的に長い日照時間のおかげで、作物の味わいも良くなります。

高品質な農作物を育む気候は、太陽光発電の利便性も同時に高めています。

本来は農作物のための畑地は、遊休農地になってしまうことがあるため、豊橋や豊川では太陽光発電のパネルを設置するために使われる例があります。
遊休農地を利用する場合であっても、日照時間の特性を十分に活かすことができますので、経済性も同時に追求することができるのです。

 

広域的に見る場合には、東三河は太平洋側気候が観測される場所としても分類できます。

太平洋側気候では、夏は高温多湿で冬には晴天が長続きする特徴があります。
梅雨の一時期には日照時間は短くなりますが、梅雨明けの後には安定した晴れ間が続くことになるわけです。
秋が深まる時期には移動性高気圧が通過するために、定期的に天気が崩れますが、日照時間が極端に短くなることは稀です。

 

 

東三河の冬の気候は、雪が少ないことも大きな特徴になっています。

雪の影響を受けることが少なく、穏やかな晴天が長く続くことになるために、除雪作業で困ることは滅多にありません。
西高東低の冬型気圧配置になるときには、季節風は強くなっても日照時間は確保できますから、パネルを強固に設置すれば太陽光発電を実施できます。
冬の朝は氷点下まで冷え込むことがあっても、豊橋の気候は穏やかなことには変わりありません。

 

 

 

愛知県東三河の年間日照時間は、約2,100時間であり、

全国でトップクラスの日照時間を誇っています。

 

年間を通じて温暖な気候であり、冬に積雪することがほとんどない気候になっています。
冬は、乾燥しやすくなっている環境であり、ほとんど雨が降ることがありません。
夏などに雨が降りやすいことが特徴的になっていて、最も雨が降る6月の平均降水量は、およそ250oであり、台風などの大雨になるような状態の日が年に数回あります。
7月と9月にも200oを超える降水量になっているため、ムシムシとした状態が続きます。
雨が多い環境でもあるため、気温はあまり高くなることがありません。

 

気温が高くなってしまうと、太陽光発電をする場合には発電効率が下がってしまうため、安心して発電をし続けていくことが可能になっています。
また、東三河は、沿岸部の地域であるため、1日の気温が急変することが少ないエリアになっていて、
猛暑日になりにくいエリアの一つになっているため、
愛知県内では、比較的涼しいエリアになっていて、生活をしやすい場所の一つになっています。

 

東三河は、日照時間が長いため、太陽光発電をする場所に適しています。

年間を通じて、発電をし続けることができるため、安定的に電気を得ることが可能になっています。
冬季は気温が低くなりますが、気温が低いことによって、発電効率を上げていくことができるため、
日照時間が短い冬季も安定的に発電をし続けることが可能です。

 

太陽光パネルを設置する場合には、豊橋市や豊川市、田原市などから補助金を受け取ることができるため、安く設置できる環境にもなっているので
パネルを購入する費用を回収して、得をしやすくなっています。

 

太陽光パネルは、さまざまなタイプの屋根に設置することが可能であり、
多くの場所に取り付けていくことができます。台風や雨対策もしているため、
安全性なども確保されていて、ずっと使い続けていくことが可能になっています。


よく読まれているページ

page top