余っている土地に活用する

自分が所有している土地が余っている、何もしていない土地の為に
草が無駄に生えるばかりで困っている方はいらっしゃると思います。

自分の土地の資産価値を調べるにはコチラのサイトが便利です

⇒全国対応!不動産を無料で調べるサイトのまとめ
簡単に早く無料で調べることが出来ます。

 

そんな余っている土地に最適なのが太陽光発電です。
屋根の上に架台を取り付けその上にソーラーパネルを取り付ける物だけではなく、
土地にコンクリートなどから専用の柱を建て、その上に架台を組みソーラーパネルを取り付ける物もあります。

 

そのパネルを大量に取り付けたものをメガソーラーといい最近は余っている土地に沢山取り付けられています。
費用が莫大掛かるし元が取れないだろうと思っている方、それは違います。

 

多くのパネルを取り付ける土地は自分の所有している土地なので費用は掛かりませんし、
パネルを取り付ける為に使用する材料費などは
取り付け後から毎月大量に発電される電力を売電する事で
かかった費用は、契約時の売電価格にもより年数は変わってきますが、すぐに回収できます。

 

 

回収できた翌月からは全て売電で得る事が出来るお金は収入になり得をします。
絶対に損をしないように計画していましたが、もっと早くに決断しておけば良かったと思うくらいに
得をする太陽光発電は土地の有効利用にもなりますし、収入源にもなります。

 

日本の脱原発の声を受け、新エネルギー戦略を打ち出したことについて、
「実現に向けて協力を強化し、経験を共有していきたい」と述べた。
ドイツではフクシマの事故を受けて脱原発を決めている。ドイツと日本が協力して世界のエネルギー戦略でリードしていきたいという思惑も感じられる。それだけに早期の原発廃止が打ち出されなかった事に大きなチャンスをものにすべきだという。
「早期転換を計り、再生エネルギーの先駆者になろう。」
「大きな挑戦になるが新技術確立のチャンスでもある。」
と語り、経験と知識を共有しながら日本を支援する考えを明らかにしました。
ところで日本はというと以前に、長野県塩尻市に国内最大級の木質バイオマス発電施設を建設の計画が発表された。県内全域から集めた間伐材を発電施設の燃料とする。この計画により製材のコストを下げ、『林業の起爆剤』にしようとする狙いだ。
割高と言われる国内材木の効率化を図り、価格競争でもアジアに打って出れるような環境を目指す。また、発電は一般家庭2万世帯分の1万キロワットの発電を見込む。
発電の余熱は高齢者施設や農業用ハウスなどでも活用する。計画は信州大学や東大などが技術面で協力する。滋賀県野洲市がメガソーラーを設置する方針を固めた。
事業者を公募し土地を貸与する方針らしい。

よく読まれているページ