豊橋の太陽光の売電で元が取れるのか?

全国的に見ても、豊橋は日照時間も長いので、太陽光発電には適しています。
効率的にも良いので、結果的に売電でも元が取れるケースも多いと言われていますが、
それは個人個人の状況によって変わります。

 

豊橋の中でも、山間部に近いのか、海に近いのか、、。
自宅の屋根の形状は?南向きなのか?東なのか?
近所の状況など。
そして、設置する太陽光パネルによっても効率が変わります。
だから、一概に、豊橋で太陽光発電の売電によって元が取れるかどうかは
わからないというのが、答えになります。

 

その答えを知るには?

それには、同じ豊橋でも結果が変わるために
一括見積サービスを利用する必要があります。

 

えっ?見積もり?

 

と思う方もいるかもしれませんが、一括見積サービスはただ単に、業者を比較したり料金を知るだけではありませn。

 

あなたの状況によって、売電価格がどうなるのか?
などの概算を出してくれるサービスでもあるのです。
※業者によって変わる場合もあります。
★目安や相場も簡単にわかります

 

そういった意味でも、まずは一括サービスで情報を入手する必要があるのです。

 

>>豊橋の太陽光発電を知るために
★このページでその重要性や内容を説明しています。

 

このサービスを利用した人としない人では、たくさんの差が開きます。
金額的にも長期的なコストでもです。

 

だから、設置前には必ず利用したいサービスです。

 

豊橋の太陽光発電の売電価格について

豊橋で太陽光発電を導入した場合の売電価格は
1kwあたりで31円から33円となっています。
※時期によってもこれから変わるので、随時最新情報をチェックする必要があります。

 

この料金は年々下がっているのですが、火力発電や原子力発電などの
発電量が多いために自然のエネルギーを利用している
太陽光発電のエネルギーを買い取るメリットがなくなりつつあるのが原因です。

 

・個人で見積もりや売電価格の正確な数値を割り出すのは非常に難しいです。
そんな時にこのページを参考にするといいでしょう。
自分のケースでの具体的な売電価格や予測などを知ることが出来ます。

 

 

豊橋のMさんの体験談

豊橋の自宅に太陽光発電パネル設置の営業の人が来ました。
しかし、ネットで見ていた情報と違っていたりもしたので、まずは
ネットで無料で利用が出来る一括見積サービスを複数利用しました。
すると、今まで知らなかった情報なども得ることが出来たので非常に参考になりました。、
その後、複数の業者の方と連絡を取り、
話を聞いているとメリットも多かったのでひとまず、主人と相談して決めることにしたのです。

 

友人もマイホームを建築するのと同時に太陽光発電パネルを設置している人が多く「やっぱりお得なのかな」と感じていました。
実際に設置した体験談などを聞いてみると、「メーカによって設置代が違う」「10年ぐらいで設置代も元をとれる」「電気代がタダなうえに電気を売ったお金も入ってくる」といった情報を入手することができました。

 

我が家の場合10枚のパネルで50万円ぐらいでした。
某有名メーカーのものなので信頼感もあり、思い切って設置してもらうことにしたのです。
幸いなことに、マイホームの設計的に屋根が広いのできれいに10枚のパネルを乗せることできて、見た目にも満足です。
設置に関しての出費に関してはローンを組みましたが、無担保で金利も安かったのでこちらの点でもよかったと思います。
設置して初めて電気代の詳細がわかるときは期待とともに不安もありました。
しかし、電気代が6000円で、売電額が12000円となっていたので安心しました。
このままだと10年と言わず、数年で元をとれそうな気がしてきました。

 

 

太陽光発電の技術は日本よりもむしろ
中国やドイツの方が進んでいるのですが、世界中で太陽光発電の
売電価格が下げられているのが現状なので、今後も低下する傾向が続くとされています。

 

もともとは東北の大震災での原発事故を契機にして、
太陽光や風力、波力などを利用する施設の建設が行われましたが、その動きも下火になりつつあるので、
自然エネルギーの利用効率を向上させる研究が成功するまでは、売電価格の上昇も見込まれません。

 

 

豊橋市は愛知県の南東部にある中核市で、東三河地区の中心的な役割を担う地域でもあります。
企業の進出などもあるので、かなりの電力が必要とされていて、
自然エネルギーだけでは全てを賄うことができないので、原発の再稼働の問題なども起こされています。

 

豊橋という地域は比較的温暖で日照時間も多いのですが、
売電価格が低く抑えられているので導入時の価格を取り戻すためには、10年単位の売電が必要になります。

 

このような事情から太陽光発電やソーラーシステムの導入が見送られることが
多くなっていて、革新的な技術の進歩でも無い限りは電力の価格が上昇に転ずることはありません。

 

 

東北の大震災以降はソーラーシステム導入が相次ぎましたが、化石燃料の価格が下降したために
重要度が低下しているという現実があります。
化石燃料を使用する火力発電は環境に悪い影響を及ぼしますが、原子力発電に比べると
リスクが低いことから、国も積極的に火力発電を支援しています。

 

 

またロシアからの液化天然ガスやアメリカのシェールガス革命によって、
電力事情やエネルギー事情が変化しやすいことも売電価格が上昇しない原因になっています。

 

とくにシェールガスに関しては、将来的にアメリカが日本への輸出に本腰を入れると、
日本国内での発電が火力発電をメインとしたものになるので、
ソーラーシステムを導入することによるコストパフォーマンスを考えると
太陽エネルギーの売値が大幅に上がることよりも、年々少しずつ下がる可能性のほうが高まっています。

 

愛知県の豊橋市に関してもこの傾向が続くので、電気を売ることでソーラーシステムの導入コストを稼ぐことは非常に難しくなります。

よく読まれているページ