太陽光発電の選び方

値段で太陽光発電を選べばよい?

太陽光発電を選ぶ際に、どうしてもその値段だけに注目してしまいがちですよね。

 

しかし、値段だけでなく、パネルの大きさ、発電量、施工費、アフターケアなども考慮して考えるほうがよいでしょう。

 

長く使うものですから、納得したものを選んでおかないと、後になってパネルが大きすぎるのが気になったり、調子が悪くなった時に満足なアフターケアが受けられないなどのデメリットが発生することがあるからです。

 

これらの点については、個人の好みや自宅の形状によって大きく左右されますが、
相場を知っておく意味でも複数のメーカーに見積もりを出してもらうことをおすすめします。

 

 

特にパネルの大きさや形状は、それぞれの家の屋根の形状によって
メリットになったり、デメリットになったりするため
素人判断ではなくメーカーの見積もり書を見て検討することが大切になります。

 

決してよく知られている有名メーカーだから良いというわけではなく、
あまり知名度のないメーカーでも、低コストで高品質のパネルを制作しているので、
比較する価値はあります。

 

 

例えば、長州産業というメーカーは名前はあまり知られていませんが、業界トップクラスのアフターケアを行うメーカーでもあります。

 

10年保証と合わせて雨漏り保証も付けているところが、知名度が低いという長州産業のデメリットをカバーできるほどのメリットともいえます。

 

値段の安い太陽光発電メーカーを安易に選んでしまいがちですが、こういった長州産業のように、
独自の保証システムなどを用意しているメーカーと比べてみて、
どちらが長期的に見てメリットがあるかと考えることも大切ですね。

 

一括見積もりで、複数のメーカーの保証内容なども必ず比べてみましょう。

 

 

 

 

太陽光発電の施工品質について

太陽光発電は、多くのメリットがあり注目度の高い商品ですが、
その導入コストは決して安いものではありません。

 

太陽光発電は、一度設置すれば長期に渡って使用することが一般的ですし、
長く使うことが出来なければ、導入コストを回収することが出来ません。

 

そのため、どれだけ安心して長期間使えるかという事は、
購入を検討している人たちにとって非常に気になる点
となっています。

 

 

太陽光発電の製造をしているメーカーのほとんどが、
製品の10年保証をしています。
ある業者は、更に施工についても10年の保証がついており、
これから導入を検討している人にとっては非常に嬉しい制度です。

 

メーカーが、自社の製造する製品に対して保証を行うのは当然のことですが、
施工にまで保証を付けるのは、異例のアフターサービスとも言えます。

 

ある業者では、施工の品質を保つために施工認定店制度を取っています。
そのため、施工現場には、ある業者の厳しい技術講習を受けた
認定施工員が必ず立会います。

 

メーカーの人間が立ち会ってくれると言うのは、購入者からすれば、とても安心ですよね。

 

もちろん、技術講習の中には施工そのものの技術だけでなく、
近隣住民への配慮や現場の清掃などマナーに関する項目も含まれているので、
気持ちよく工事を行って貰うことができます。

 

 

太陽光発電とは、屋根の上や余った土地に架台を組みその上にソーラーパネルを取り付けます。

 

発電した電力は家庭で使用する事も出来、余った電力を売電する事が可能で、
パネル設置にかかった費用を回収できるだけでなく、費用を回収できた翌月からは毎月収入を得ることが出来ます。

 

屋根の上にソーラーパネルを取り付ける場合や、地上に取り付ける際に一番重要なのは陰にならない事と南向きに取り付ける事です。
西や東でも発電しますが一番発電量が多いのは南向きで、屋根が北に向いている屋根には、南向きになる課題を取り付ける工法があります。

 

このような工法や向きについては業者に相談する事で最良の案を教えてもらう事が出来ますが、場合によっては取り付けることが出来ない物もあります。

 

 

単結晶と多結晶のパネルの違い

ここ最近の太陽光発電のトレンドは単結晶パネルにあるようです。
太陽光発電のパネルには、単結晶モジュールと多結晶モジュールがあります。

 

この二つの違いは、単結晶のほうが多結晶より必要な面積が少なくてよい点です。
屋根の形に特徴があって十分な広さが無い場合などに、重宝されています。

 

しかし、値段の面で比べてみると多結晶より価格が高めになるのがデメリットと言えます。

 

価格が高いというデメリットがあるにしても、単結晶の太陽光発電パネルは、発電効率が良いため、大家族などで電気を多く使う家には好まれて選ばれているようです。

 

自分の家の屋根の形状と電気の使用量などで、単結晶か多結晶か選ぶとよいかもしれませんね。

 

単結晶モジュールのパネルを制作しているメーカーに、長州産業があります。
長州産業では、自社独自の単結晶シリコンを使用して、価格を極力抑えながら発電量が多くとれるパネルを開発・販売しています。

 

 

気になる長州産業の発電効率は、14.8%という高いものになっています。
いくら発電効率が良いとはいえ、価格の面ではやはり多結晶パネルより高くなりますので、
その点のデメリットをよく考慮して選ぶ必要がありますね。

 

メリットの点では、長州産業は雨漏り保証などのアフターケアが充実しているので、安心して長期的に使用することができることでしょう。

 

ちなみに、豆知識

使用していない土地や屋根を有効利用できる方法をご存知でしょうか。

 

特に豊橋・豊川・田原の場合は農地の活用が重要になります。

 

 

太陽光発電を土地や企業の敷地、お家やマンション、アパートや工場などの屋根に設置すれば、電気の売買収入を得られます。

 

土地や屋根活用がお得に利用することができます。
CO2削減になり、地球に優しくエコライフが実現します。

 

 

 

よく読まれているページ

page top