運営者情報

運営者情報 豊橋 発電太郎
連絡先

 

免責事項

当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。
当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。
当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

 

外部コンテンツについて

当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェア・アプリケーション・ツールの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。

 

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

 

 

○当サイトの商品は当サイトが販売しているわけではありません。
お客様のご要望の商品、お支払い等はリンク先の販売店と直接のお取引となりますので、
特商法に基づく表記につきましては、リンク先販売店をご確認頂けます様お願い致します。

 

 

○当サイトの掲載情報をご利用頂く場合には、 お客様のご判断と責任におきましてご利用いただきますようお願いいたします。
当サイトでは、一切の責任を負いかねますので、ご了承願います。

 

 

 

 

 

個人情報保護についての規定

当サイトは、グローバル情報社会における「個人情報の保護と活用」の重要性を認識して、
取り扱うすべての個人情報について、関係法令および、その他規範を遵守いたします。

 

業務上取り扱うすべての個人情報については、関係法令およびその他の規範を遵守いたします。

 

当サイトはプライバシーポリシーをつねに改訂し、
保存した個人情報の取扱いについての継続的な更新をいたします。

 

私どもは個人情報の適正な取扱に関する法令や規範を正しく順守いたします。

 

当サイトは個人情報を知り得た歳には、漏洩や流出なき取扱い、保護することをここに明示いたします。

 

閲覧される方の個人情報の採取は、適法、かつ公正な手段で行います。
サイト閲覧者の承諾なく名前やE-Mailアドレスなどを収集することはいたしません。

 

※当サイトは基本的にメールアドレスなどの個人情報は取得しません。

 

 

 

運営者情報記事一覧

・JPEA 太陽光発電協会業者による任意団体。組織概要、仕組みや制度の説明。・太陽光発電システム/ソーラー発電システム:シャープシャープ(SHARP)の住宅用太陽光発電システム「サンビスタ」のオフィシャルサイトです。太陽光発電のメリットや補助金情報、シャープならではの特長などについてご紹介します。・蓄電池補助金サーチ - 愛知県補助金情報家庭用から産業用蓄電池・充電器無料お見積りサービスの蓄電池バ...

日本では、水力発電、火力発電、原子力発電によって電気を発電しています。どの発電方法にも、それぞれメリットとデメリットがあり、どの発電方法が一番良いとは一概に言えないのが現状です。中でも日本の電力のおよそ9割を担っている火力発電は、石油や石炭、天然ガスなどの燃料の反応熱エネルギーを電力へ変換して行う発電方法ですが、燃料となる資源の枯渇や温暖化ガスの排出などが問題となっています。そこで、注目されている...

ある日の事。朝、父親から電話で、「太陽光発電ってどうなんだ?」私「え? どうしたの?」どうも先日、太陽光発電のセールスマンがいきなりやってきて、アポを取ったらしい。⇒長州産業の訪問販に注意しろ!?太陽光発電の工事費用は、200万円くらいだとか。父「貯金で、一括で払えるわ」私「いや、ちょっと待って!」とりあえず、あわてて実家へ向かう私。そして、実家に到着。次回の訪問で、家の見取り図などを見せてほしい...

100年後の世界の文化もしかしたら、その時代には世界がある意味では、まとまってるかもしれないその時、日本はアジアの一部になっているかもしれない中国の一部世界的には、アジア人と言えは中国人のイメージなのだろう日本も最近では和食やアニメなどの独自の文化でイメージが良くなっている部分は、もちろんあるだろうあるけど、あまり知識がない人や興味がない人にとっては、アジアの一部と言う認識かもしれない西洋文化、ア...